ハードディスク不良のNEC VersaPro VD-Fをゲット、ハードディスクを入れ替えてWindows10をインストールさて動作は!

このノートパソコンは某事務所でWin7のまま使われておりましたが、ついに先月に不具合で起動しなくなったそうです。
しぶとく使ってきたオーナー曰く「他のパソコンはWin10に入れ替えたし、これももうダメらしいからWin10機へ買い替えます、なのでデータの取り出しと移行だけをお願いします」との依頼です。

ちなみに不具合の症状は、起動させるとブルー画面になりそのまま固まるというもの、あきらかにハードディスクの故障でしょう。

作業はハードディスクを取り出してから、ディスクの修復を1回かけてからデータを取り出して新しいパソコンへ移します。
そしてオーナーに「こちらで修理して直ったら使っていいですか」との許可をもらい、本体とACアダプタを頂いてきました。

持ち帰ってからいろいろ確認します。
ノートパソコンの外観は、いろいろとログイン関係のシールが貼ってありタッチパットのコーティングが一部剥げています。それ以外は画面もきれいでキーボードの文字カスレもありません。液晶はくすみもなく問題ない様子です。

まずは外観の清掃です、色々貼ってあるシールを剥がします、シール剥がしスプレーを使って取ると傷もなくきれいになりました。
そしてキーボードと液晶をクリーナーで一通りきれいにします。

次に取り外したハードディスクはオーナーに渡してきたので、手元に色々ある2.5インチのハードディスクの500GBを入れてWin10をインストールしてみます。本体裏にWin7のシールがあるのでそのキーを入れます。ちなみにビジネスタイプだったのでOSはWindows7 Proでした。

ちなみにスペックは、

CPU : 第3世代 Core i5 3320M 2.60GHz
メモリ : DDR3-1066 4GB
ディスプレイ : 非光沢15.6インチワイド
HD : SATA 250GB
ドライブ: DVD-ROMドライブ

というものでした。発売は2012年で、当時の価格は174,500円というハイエンドタイプであります。

↓ がっしりした本体のNEC VersaPro VD-F、Win10インストール後です。

 

内蔵の無線子機はなくDVDが書き込みできないタイプで、10キー付きのコテコテな社内での事務用タイプですな。本体も厚みがありガッシリとした丈夫な作りの本体です。

さてWin10を入れてみると、動作はSSDでもないのにもたつきもなく普通にサクサク動きます。
さすがにバッテリーはやや劣化していて60分ほどしか持ちません。

タッチパット部分はコーティング?が剥がれた部分がベタベタするので、100均でスマホ液晶フィルムのソフトタイプを買ってきてタッチパットと同じ大きさに切って貼り付けました。これでスムーズに操作できます。

↓ タッチパットの右側コーティングが一部剥げあり、ベタつくのでスマホフィルムを貼りました。

 

ところで最近のWin10インストールではローカルユーザー登録がすんなりできません。ユーザーの登録のところでどうしてもMS様へ登録せよとなりますな。そこでメアドなんかを入れると更に厄介なので、その場合は携帯電話番号を一旦入れてから次へすすむと左下に制限付きアカウントが出るのでそちらに移動して適当な名前を入れるとローカルアカウント登録ができます。

そしてあとは内蔵無線子機が無いので手元にあるショートタイプのUSB無線アダプタを差し込んで無線接続にします。すると本体前面の無線スイッチが連動してそこでもON/OFFできます。
DVDを再生してみると音がややこもる感じで、まあビジネスタイプなのでこんなもんでしょうか。

ということで8年前のがっしりタイプなノートパソコンですが、いまでも問題なく使えます。
SSDにしてメモリも8GBにすれば相当いい感じに使えると思います。
まあ、使う方がいればパーツ代だけで譲っちゃいますかね。

※追記Win10ユーザー登録の件、最近のインストールで「制限付きアカウント」のリンクがなくなりました!?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
パソコン訪問修理は、イメージストリートへ
出張パソコン修理設定依頼のお問い合わせこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました