動かないDVDドライブの交換とメモリ増設で快適になった NEC Valuestar VS350/sの修理依頼レポートです!

先日4回目のコロナワクチンを打ったところ強烈な副反応が出てしまいました。
前3回までのワクチンではせいぜい注射を打ったところの腕が痛いだけで、それ以外はなんともなかったのだけど、今回はどかんとダメージを頂いちゃいました。

ワクチン打った翌日の朝から微熱と倦怠感と頭痛が襲ってきて、さらにおまけの胃腸の具合も最悪でした。つーことで3日間は仕事もできずベットで唸っておりました、いやまいった!?

さて、今回は一体型パソコンの修理依頼であります。
地元の街の個人事務所の方からのご依頼で「メインで使っているパソコンが遅くなったのとDVDドライブが使えないんです」とのことです。

早速伺ってまずは訪問診察を行います。
患者のパソコンはNECの一体型パソコンで、業務としてはメールとブラウザとエクセルがメインの用途であります。

不具合は2ヶ月位前からDVDドライブが使えなくなったのと、動作がやや重くなったかなということです。まずはその辺をチェックします。

DVDドライブはイジェクトボタンを押すとドライブは出てきますが、なんのディスクを入れても動きません。システムデバイスから確認するとドライブを認識していないみたいです。これはドライブ不良ですね、はい交換です。

次に動作ですが、これはもともとのスペックがそれなりなのである程度は仕方ないですな。

↓ 画面もきれいな一体型パソコンNECバリュースターです。

ちなみにこのNEC Valuestar VS350/Sのスペックは、

発売 2014年1月
CPU : Intel Celeron 2955U(1.40GHz)
GPU : Intel HD Graphics
メモリ容量 : 4GB PC3L-12800
HDD : 1TB
光学ドライブ : DVD スーパーマルチドライブ
ディスプレイサイズ : 21.5インチ LEDバックライトIPS液晶
元OS : Windows 8.1

というもので当時の一体型の下位モデルであります。
現在はWindows 10で使用しています。

さて、遅い原因はそもそもCPUがセレロンなのとメモリが4GBということですな。
その他はスタートアップでいろいろなソフトがやたらたちあがっているので、メモリ増設とソフトの設定をなんとかすればかなり改善されそうです。

ですのでいったん本体をお預かりしての作業となります。
持ち帰ってからまずは内科治療で不要ファイルといらんソフトなどを整理します。

オーナーの社長からいつも使っているソフトを聞いていたので、使っていないソフトをことごとく削除します。元がWin8.1だったのでその辺とかいろいろはいっているし、だいたいメーカーのよくわからんプリインストールソフトが多すぎです。

その辺をバッサリ削除してからいろいろとシステムの設定を軽めにします。
そして次は外科手術であります、動かないDVDドライブを交換します。

そうなると本体を分解しないとなりませんが、このタイプは割と簡単でした。裏返してバックパネルの止まっているネジを外すだけでカバーが開きます。

↓ ネジはこれだけすべて外します、すべて同じサイズでした。

裏蓋はとくに強力なストッパもなくすんなりパカパカと外せました。
そしてDVDドライブを外します、DVDドライブもネジ3本を外すと簡単に取れました。

↓ この3本だけ外します。

スリムタイプのDVDドライブなので手持ちの廃棄予定のノートパソコンから使えそうなドライブを外して入れ替えました。はずして確認するとちょうどおんなじメーカーのLG製ドライブでした。ベゼルカバーも交換します。

そして最後はメモリの増設です。
規格がPC3L-12800という低電圧タイプなので、それに合わせた4GBメモリを増設します。これまた同じメーカーのものが在庫でありました。

↓ 同じsamsung製メモリを増設。

組み立て直して動作確認をすると、メモリは合計8GBになったのでかなり快適になりました。DVDもディスクをいれると無事映画が再生されました。

ハード交換とソフトの設定でそれなりに快適になったのでこれで修理完了にします。
これ以上はSSDに換装とかありますが使う用途としてはこれでもう十分でしょう。

翌日にパソコンを納品してオーナーとともに動作確認を行います。
メールソフト立ち上げも早くなったしエクセル動作も快適になりました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
パソコン訪問修理とホームページ制作、訪問パソコン教室はイメージストリートへ
出張パソコン修理設定依頼のお問い合わせこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました